トゥナイト、トゥナイト / ザ・スマッシング・パンプキンズ ~ Tonight, Tonight / The Smashing Pumpkins

映画音楽のように壮大なで、ジェットコースターのようにアップダウンが激しく、明るくてどこか切ない感じのするスマッシング・パンプキンズの1995年の大ヒット曲です。

1990年代を代表する名アルバム『メロンコリーそして終りのない悲しみ』(Mellon Collie and the Infinite Sadness)では、オープニングの静かなピアノの曲に続いてこの曲が始まります。

スマッシング・パンプキンズは1988年にアメリカ・シカゴで結成されたアルタナティヴ・ロックバンドで、日本では「スマパン」という愛称で人気がありました。残念ながら2000年に解散してしまいましたが、2006年にはメンバーを入れ替えて再始動しています。

Time is never time at all      時間、それは時間であるだけではない
You can never ever leave      君は決して過ぎ去ることはできない
Without leaving a piece of youth   青春の欠片を置き去りにさずには

And our lives are forever changed   そして僕らの生は永遠に変わり続ける
We will never be the same      二度と同じ自分にはなれない
The more you change         君が変わっていくほど
the less you feel           感性は鈍くなっていくんだ

Believe, Believe in me, Believe   信じて 僕を信じて 信じて──
Believe that life can change    人生は変われるってことを
That you’re not stuck in vain     君は空しさから抜け出せずにいる訳じゃないことを
We’re not the same,         僕たちは同じで居続けることはないんだ
We’re different          (過去とは)違うんだ。

Tonight, Tonight, so bright Tonight    今夜 とても眩しい今夜

という感じの和訳になるでしょうか。ノーカルのビリー・コーガンがちょっと少年ぽく歌う感じがなかなか良い雰囲気を出していると思います。

オススメします♪

アマゾンでも試聴できます♪

カテゴリー: The Smashing Pumpkins | コメントする

アイ・ワナ・ノウ / ジョー ~ I Wanna Know / JOE

聴き心地の良いスムースサウンドで、恋人に優しく語り掛けるのが最高にカッコいい曲です。

『Joe』(ジョー)はアメリカ合衆国ジョージア州コロンバス出身のR&Bシンガーソングライター兼音楽プロデューサー。1993年のデビュー以来一貫してセクシーでスムースなR&Bサウンドをプロデュースし続けていますが、この曲「 アイ・ワナ・ノウ」もそんな曲の一つです。

I wanna know what turns you on  どうすれば君は僕のほうを見てくれるの?
So I can be all that and more    そうすれば僕は君の望み通りのことをしてあげる
I’d like to know what makes you cry   君の涙の訳を教えてくれたら
So I can be the one          僕はいつも君を笑顔にさせ続けるのに
who always makes you smile

というメロウなラブソングです。あまりにも正統派の良い曲はなかなか感想が書きづらいですね。

オススメします!

アマゾンでも試聴できます♪

カテゴリー: JOE | コメントする

クライン / エアロスミス ~ Cryin’ / Aerosmith

今から8年前の2011年11月、あの超大物ロックバンド、エアロスミスが私の地元石川県金沢市でライブをしてくれました。会場はいしかわ総合スポーツセンター という新しくて大きい体育館ですが、超大物アーティストのライブ会場としてはあまりにも小さすぎました。おかげで至近距離でアエロスミスを見ることができました。

これだけ狭い会場ではエアロスミスも気合いが入らなのでは?と心配しましたが、全然そんなことはない。その日の観衆の期待を遥かに上回る最高のライブパフォーマンスをしてくれ、最後には「金沢の観客は最高だ」とまで叫んでくれましたw  
リップサービスだし世界中どこでも同じことを叫んでいるのは百も承知。たぶん設備の裏にメモでも書いてあるんでしょう。でもそんな事は構わない。街の名前を叫んでくれただけで感謝感謝です!

私がライブで一番期待した曲はこの曲「クライン」ですが、この曲のイントロが流れ、ミュージックビデオのアリシア・シルバーストーンの顔がバックに映ったときには鳥肌が立ちました。スティーブン・タイラーがハーモニカを取り出した時は発狂しそうになりました。

↓ミュージックビデオはこれです。

この曲が大ヒットしたのは1993年。当時大学生だった私は休みのたびにアメリカを一人で貧乏旅行して回っていましたが、どこに行ってもこのミュージックビデオと共に曲が流れまくっていました。私にとってエアロスミスはやはりアルバム「ゲット・ア・グリップ」の頃が最高です。 どの頃のエアロスミスが好きかは人によって違ってくるでしょう。 「エンジェル」の頃だったり「ミス・ア・シング」の頃が最高だったりすると思います。

11月の金沢は重く暗い雲り空が多く、冷たい雨の降る最悪な気候です。またエアロスミスが来てすべて吹き飛ばしてくれないかなーと思っています。

オススメします♪

アマゾンでも試聴できます♪

カテゴリー: Aerosmith | コメントする

ブレイキン・マイ・ハート / ミント・コンディション ~ Breakin’ My Heart (Pretty Brown Eyes) / Mint Condition

壁をバンバンと叩いてるような、パンチのあるベースが効いたR&Bサウンドが最高にカッコいい、ミント・コンディションの1991年の大ヒット曲です。

ミント・コンディションはアメリカ・セントポール出身のR&Bバンド。1980年代にミネソタ州セントポールにあるハイスクールで結成されました。
この曲はデビューアルバム”Meant To Be Mint“に収録されています。

Pretty brown eyes          可愛い褐色の瞳だね
You know I see you         僕が君を見ていることは分かっているよね
It’s a disguise the way you treat me  君は誤魔化しながら僕を気にしてるね

You keep holding on         僕を拒絶しようという思いに
to your thoughts of rejection     君は取り付かれているようだけれど
If you’re with me you’re secured    もし僕と一緒ならば君は安心していらるるはず

こんな感じの和訳になるのでしょうか? 
私が好むR&Bの曲はほとんど同じような歌詞です。ほぼサウンド偏重で堪能してます。

オススメします♪

アマゾンでも試聴できます♪

この曲が気に入ったら、是非こちらも聴いてください 
→ ラブ・ユー・ダウン / レディー・フォー・ザ・ワールド ~ Love You Down / Ready For The World

カテゴリー: Mint Condition | コメントする