ナッシング・コンペアーズ・トゥー・ユー / シネイド・オコナー ~ Nothing Compares 2 U / Sinéad O’Connor

一旦この曲を聴きだすと一日中リピートしてしまいます。

アイルランド・ダブリン出身のアーティスト、シネイド・オコナーが1990年にリリースしたセカンド・アルバム『蒼い囁き』 “I Do Not Want What I Haven’t Got” に収録され大ヒットしました。

元々プリンスがプロデュースしてシネイド・オコナーがカバーした曲ではありますが、私はこの曲以上に素晴らしいカバー曲を他に知りません。プリンスの曲を自身の曲として完璧に表現しています。

恋人と別れた絶望的な心情を歌った曲ですが、彼女以上にボーカルとして表現できる人はいないのではないでしょうか。ただ表面的に美しいという訳でなくあり、深い深い表現力があります。

この表現力は、アイルランドの伝統的なカトリックの厳格な教えへの反発や、少女時代には家庭で虐待されていた酷い経験から生まれたものなのでしょうか。

It’s been seven hours and fifteen days  あれから15日と7時間が経過した
Since you took your love away      あなたが愛にけりをつけてから
I go out every night and sleep all day   私は毎晩出歩き、昼間はずっと寝ている
Since you took your love away       あなたが愛にけりをつけてから
Since you’ve been gone          あなたが去ってからの私は
I can do whatever I want         欲しいものはやりたいことができるし
I can see whomever I choose       会いたい人に会える
I can eat my dinner in a fancy restaurant  オシャレなレストランで食事もできるわ
But nothing…               でも意味がない
I said nothing can take away these blues 何をしても私のこの憂鬱を取り払うことができない
‘Cause nothing compares        なぜなら、何も代わりにならない
Nothing compares to you        あなたに代わるものなんてないから

こんな和訳になると思います。
この曲のミュージックビデオはあ全編彼女がこの曲を歌うシーンをアップで撮影されたものとなっていますが、後半部分で彼女の涙を流す部分があります。この涙について、彼女は後半部分の以下の歌詞によると答えました。

All the flowers that you planted, Mama  in the back yard   ママ、あなたが裏庭に植えた花は
All died when you went away     あなたが去ってすべて枯れてしまったわ
I know that living with you, baby,   あなたとの暮らしは、
was sometimes hard          大変な時もあった
But I’m willing to give it another try   でももう一度やり直したいの

これは彼女を虐待したという死んだ母親との軋轢を思い出したのでしょうか。    

私は感情の高ぶりをこれほど高い表現力で歌い上げた曲を他に知りません。彼女についてはプライベートでいろいろなニュースが今でも流れてきますが、ずっと活躍し続けて欲しいと願います。

オススメします♪

Apple Music で試聴できます♪ →
Nothing Compares 2 U / Sinéad O’Connor    アムネスティコンサートでのライヴです。

アマゾンでも試聴できます♪  

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました