ネバー・シュッド・ハブ・レット・ユー・ゴー / ハイ・ファイブ ~ Never Should’ve Let You Go / Hi-Five

今日のような爽やかな秋晴れの日にピッタリな曲だと思います。

1990にアメリカ・テキサス州ウェーコでデビューした正統派R&Bグループ、ハイ・ファイブが1993年にリリースした2枚目のアルバム”Faithful”に収録された曲です。

1993年に公開されたウーピー・ゴールドバーグが主演する映画「天使にラブ・ソングを2」のサントラとしても収録されました。

R&Bのコーラスグループはたくさんありますが、ハイ・ファイブの魅力はキッズ・コーラス特有の高い音程のコーラスだと思います。歌い続けて窒息するんじゃないか?と心配しそうになるくらい声が続きますが、聴いているだけで気分がハイになります。

年齢とともに声が変わり、音楽のスタイルが変わっていってしまうことが残念な点です。 当然ジャクソン5やニュー・エディション等の他のグループにも共通しているとも言えます。

雰囲気の良い曲です。オススメします。

カテゴリー: Hi-Five, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です